"ネット証券においては、株式市場が開催されている間はいつでも売買取引を行うことが可能ですが、比較的に収益を上げる期待性が高い銘柄として、新規公開株を狙ってみるという方法があります。その魅力は、未上場企業が証券市場に株式を上場させることで資金調達手段が確保され、知名度や社会的信用が向上することによって、注目されることとなります。 当然、市場から注目されれば、それだけその新規公開株を欲しい人も多くなるため、必然的に株価が値上がりすることとなり、投資による収益の期待も高まります。なおネット証券においては、IPO株とも呼ばれており、その取引を推奨している証券会社も数多くあります。 ただIPO株の注意点としては、公募・売出しを行うには抽選が行われるケースがほとんどで、申し込みを行う必要があり、抽選に当選する必要があります。そして公募価格での払い込み手続きを行わなければ、それを購入することが出来ません。つまり誰もが簡単に購入できる株ではないことです。 そして、新規上場した時点ではうなぎ上りで株価が上昇しますが、1〜3日ほど過ぎると一気に株価が下降する場合があることです。また一定のスパン内での株価の変動が大きくなる場合も多く、大きく収益を上げる反面、売買のタイミングを誤ったりして、損失を被る可能性があることも注意点です。 "